外国の資産の為替リスクを排除するFX

FXの取引をする人が増えている理由にはいろいろあると思いますが、保有している日本円の価値が外国の通貨に対して変動するときの変動幅が大きくなっているからだと言えるでしょう。言い換えれば為替リスクが高くなっているともいえるでしょう。これはグローバルに展開する企業にとっては大きな問題であるともいえますし、また資産を守ろうと思っている個人投資家にとっても大きなことであると言えるでしょう。
為替リスクを排除するためにFXを使うこともできます。例えば円高になると外国の通貨の価値が下落するということになります。外国との決済に用いる通貨はドルであることが多いと思いますが、決済日が現在よりも先である場合には、その間に為替レートが変動することも考えられるでしょう。この変動を抑えるためにはFXを利用するのが良いと考えられるのです。FXをうまく使えば、外国の資産の為替リスクを軽減することができるということなのです。

FXにおける外国の通貨に対する円高

FXでは円高と言う言葉を使うことがありますが、これは日本円が外国の通貨に対して高くなるということを指します。具体的な例を上げてみると分かりやすいと思います。日本円の通貨の価値は、ドルを基準に考えることが多いようです。なぜドルを基準にするのかと言うと、ドルは世界の基軸通貨として使われていて、国際貿易の場ではドルによって決済することが多いからです。ドルに対して円がどれくらいなのかというようにレートを表すことになっているのです。FXでもこれを基準にしています。
例えば1ドルが80円のときと1ドルが90円の時にはどちらが円高でしょうか。このような表現をすると難しいかもしれませんが慣れればすぐに分かるようになるでしょう。答えは1ドルが80円のときのほうが円高なのです。考えかたとしては、1ドルを手に入れるために80円必要な場合と90円必要な場合とではどちらが円の価値が高いのかということを考えればよいと思います。80円出せば1ドルを手に入れられるときのほうが円の価値は高いと分かるでしょう。

FXのレートは外国の通貨との交換比率

金融商品のトレーディングをする対象はいろいろありますが、FXでは為替レートを対象として取引をすることになります。為替レートとは通貨の交換比率を指します。ある国の通貨と外国との通貨とを交換することは、国際貿易をするときには必要になってくることですが交換するときには一定の比率で交換することになっているのですが、この比率のことを為替レートと呼ぶのです。では、この比率というのはどうやって決まっているのでしょうか。
為替レートは、過去にはある国と外国との間でその比率を固定する固定相場制と言うものをとっていました。現在でもアメリカドルと一定の比率を定めていることもあります。これをドルペッグと呼ぶのですが、多くの場合にはマーケットでその比率を決めることになっているのです。このマーケットを為替市場と呼びます。具体的にはインターバンク市場を為替市場と呼ぶことが多いようです。これを変動相場制と呼びますが、現在では変動相場制がとられていることが多いのです。

外国の通貨を利用するFX

外国にはさまざまな通貨が存在します。アメリカにはドルがあり、ユーロ圏ではユーロが使われています。少しマイナーどころですが、スウェーデンではスウェーデンクローナという通貨が使われていますし、現在はユーロになりましたが、ドイツでは以前マルクという通貨が使われていました。もちろん日本にも、円と言う通貨が存在しています。
このように本当にさまざまな通貨があるものです。そこでこの各国の通貨を利用する金融商品があります。それがFXと呼ばれるものなのですが、現在最も人気の高い金融商品の一つで、年々利用者が増加傾向にあります。またこの人気に追いつくべくして、FXのサービスも向上しているものです。以前はFXで取引をする際にも、それなりのコストがかかりましたが、最近では手数料無料化が基本になり、スプレッドと呼ばれるコストもほとんどかからなくなりました。これはやはりこのFX人気がサービスの向上を助長させているのだと思います。

日本と外国でのFX取引と税金

どこの国であっても居住している国で税金を支払う義務はあります。投資で得た利益については無税と言う税制を採用している国があるとは聞いたことがありますが、それは例外です。日本の証券会社は日本に住民票の無い人の取引を認めてませんし、外国からでは本人確認が難しいことから口座の開設も出来ません。また、口座をすでに持っていたとしても、口座の凍結か解約を求められると思います。FXの業者についての対応は知らないけれど、証券会社で海外居住者に取引を認めないのは税金の問題のようなので同じ扱いになると充分予測出来ます。
外国にも大概FX業者はありますが、日本のように多くの人が行っている状況にはありません。例えばアメリカならば、小学校の時から投資に関する教育が行われてますが、株式投資などをやっている人は日本に比べて多いのですが、FXに関してはアメリカ人はそうはいないのではないか、と私は思います。少なくとも私は出会ったことがないです。日本で急にFXが広まったのはマスコミによるところが大きいでしょうが、小学校の時から投資の勉強をしてきたアメリカ人にとってはギャンブルと同じと考え、そうのめりこむ人はいません。個人的考えですが、これから咲きもアメリカでは多くの人に拡がるということはないように思えます。これのCMが流れている国は、おそらく日本だけのような気がします。